「ダッチオーブン」という調理器具をご存知でしょうか。アウトドアブランドはもちろん、最近はインテリアチェーンの「ニトリ」からも発売され、その人気と知名度が高まってきました。そんなダッチオーブンの紹介と、アウトドアだからこそ作れるダイナミックな定番レシピを3つご紹介します。

ダッチオーブンとは、料理の幅が広がる万能鍋!

「ダッチオーブン」は、分厚い金属製の鍋で、ふたに炭火を乗せられるようになっているものです。オーブンのように上下同時に加熱できる上、保温性と密閉性に優れているため安定した加熱が可能。それほど火加減に気を遣わなくても、通常の鍋よりおいしく仕上げることができます。アイデア次第で焼く・煮る・蒸す・燻製・炒める・揚げるなど、様々な調理ができ、料理の幅が広がる万能な鍋です。

画像: ダッチオーブンとは、料理の幅が広がる万能鍋!

それでは早速おすすめダッチオーブンをご紹介! それぞれ個性があるのでお好みの商品を選んでみてくださいね。

1. まさにお値段以上! ダッチオーブンデビューにもおすすめ
ニトリ ダッチオーブン

「ニトリ」から販売されているダッチオーブン、通称「ニトダッチ」。直径19センチの2~3人に適したタイプが1,380円(税別)、直径24センチの3~4人に適したタイプが2,306円(税別)と大変リーズナブル! にもかかわらず、本格的なアウトドア料理もおいしくできると評判のコスパ最強商品です。

錆びや焦げ付きを防ぐため、使用前に油を引いて火にかける「シーズニング」と呼ばれるお手入れさえしっかり行えば、ふたに熱した炭を置くようなタフな過熱も大丈夫! 火が通る時間や料理の仕上がりも、アウトドアブランドの製品と大差ありません。本格的なダッチオーブンの購入を迷っている人にも、お試しとしておすすめしたい商品です。

2. シーズニング不要! 初心者向きダッチオーブン
ロゴス SLダッチオーブン

通常、ダッチオーブンを購入した際に必要な「シーズニング」。“自分だけの鍋を育てていく”感覚を楽しむキャンパーも多い一方で、難しく面倒だと感じる人もいることでしょう。そんな方には、このロゴスのSLダッチオーブンがおすすめ! あらかじめ下処理がされているため、シーズニングは不要。購入してすぐに使うことができます。

さらに、IHヒーターにも対応しているため、アウトドアだけでなく家庭でも使用可能です。アウトドアの前に家で試したい人や、ダッチオーブンで家庭料理を楽しみたい人にもおすすめな商品です。

3. 黒皮鉄板製なので洗剤で洗える! 錆びにくく手入れもラク
ユニフレーム ダッチオーブン

ユニフレーム社製のダッチオーブンの素材は「黒皮鉄板」。表面には1,200度以上で熱してできた酸化被膜があり、錆びと焦げが付きにくいのが特徴です。鋳物製のダッチオーブンとは異なり、酸化加工がされているため、強く洗った際にコーティングそのものが剥がれ落ちる心配もありません。洗剤で洗えるのも嬉しいポイントです。

また、プレス加工して作られているので、衝撃や温度変化にも強くて頑丈。ダッチオーブンの手入れが不安でなかなか手を出せないという人にもおすすめです。

それでは、ダッチオーブンの特徴を活かしたアウトドア料理のレシピをご紹介しましょう。

1. スペアリブのコーラ煮
【おすすめポイント】アウトドアで絶対食べたい! 安くて旨い定番肉料理

ダッチオーブンといえば肉料理! お肉が柔らかくほろほろとほどけて、コクうまです。ゆで卵を入れることで満腹感も得られます。コーラで煮込むほどに美味しそうに色づきますよ。

材料(2~3人分)

  • スペアリブ用豚肉:500g
  • ゆで卵:4~6個
  • コーラ:1L
  • 生姜:1かけ
  • 醤油:200CC
  • 塩こしょう:適宜

作り方

  1. スペアリブ用豚肉は沸騰した湯で30秒ほど湯通ししておきます。
  2. フライパンに油を敷き、スペアリブに焼き色がつくまで焼きます。
  3. ダッチオーブンにコーラ、醤油、生姜、ゆで卵、スペアリブ用豚肉を入れます。
  4. 沸騰してきたら丁寧に灰汁を取り、ふたをして4~50分中火からとろ火で煮込みます。
  5. ほろほろと骨から肉が外れるように柔らかくなったら完成です。

ポイント

湯通ししたスペアリブからは、それほど灰汁が出ません。気にならないなら、そのままふたをして煮込んでも大丈夫です。煮汁がとても美味しいので、シメにご飯にかけて食べると絶品! お試しくださいね!

画像1: ポイント

2. おつまみスモーク
【おすすめポイント】ダッチオーブンなら短時間でおいしく完成! お酒と一緒にいただくおつまみレシピ

燻製は、お酒とともにゆっくり味わいたい大人のおつまみ。しかし、段ボール製の燻製機やアルミのスモーカーで作ると、長ければ数時間、短くても30分以上はかかります。しかしダッチオーブンを使用すれば、わずか10分で完成しますよ!

材料(3~4人分)

  • お好みの食材:チーズ、ウインナー、うずらの卵、ナッツ類、ささみ、ホタテなど
  • お好みのスモークチップ:桜、りんご、ホワイトオークなど
  • 塩こしょう:適量
  • 割りばし
  • アルミホイル

作り方

  1. 食材に塩こしょうをふります。
  2. ダッチオーブンの底にアルミホイルを敷きます。上からスモークチップを乗せたら、網を置きましょう。
  3. ダッチオーブンを強火にかけます。煙が出ていることを確認したら、網に食材を並べていきます。
  4. ふたと鍋の間に割りばしをはさみ、すき間から煙が出るようにします。
  5. 弱火にし、常に煙が出るよう火加減を調節しながら、5~10分そのまま火にかけましょう。
  6. 食材に色がついたら完成です。

ポイント

チーズを燻製にしたい時は、鍋の中で溶けてしまわないように硬めのチーズを選びましょう。ダッチオーブンのふたをきっちり閉めると密閉されてしまうので、スモークの火が消えてしまいます。必ずふたと鍋の間が開くよう、割りばしや竹串をはさんですき間を作りましょう。

画像2: ポイント

3. 焼きリンゴ
【おすすめポイント】スイーツの定番レシピ! 甘酸っぱいフルーツもダッチオーブンでごちそうに!

買ってから少し時間が経ったてしまったリンゴやあまり味の良くないリンゴも、ダッチオーブンで焼き上げれば濃厚で温かなスイーツに。簡単なので子どもも一緒に楽しく作れます。

材料(3~4人分)

  • リンゴ:3~4個
  • バター:大さじ4
  • グラニュー糖:適量
  • アルミホイル

作り方

  1. リンゴの芯をスプーンなどでくり抜きます。空いた穴にバターやグラニュー糖を入れるので、底まで貫通しないよう気をつけましょう。
  2. リンゴ1個につきバターを大さじ1杯、グラニュー糖は芯の中いっぱいに入れましょう。
  3. ひとつずつアルミホイルで包みます。ダッチオーブンの底に網を敷き、リンゴを並べます。
  4. 中火~弱火で30~40分ほど火にかけます。串で刺して柔らかければ完成です。

ポイント

シナモンスティックを刺したり、シナモンパウダーをふりかけて焼くと、ちょっぴり大人な味になります。グラニュー糖の代わりに蜂蜜を入れても、優しい甘さになって美味しいですよ。

画像3: ポイント

ダッチオーブンで様々なキャンプ料理を楽しもう!

画像: ダッチオーブンで様々なキャンプ料理を楽しもう!

ダッチオーブンはアウトドアでも様々な調理ができる万能鍋。重さがあるからこそ、旨味をとじこめたまま、ふっくら美味しい料理に仕上がります。焼肉やカレーなどで簡単に済ませてしまいがちな初心者キャンパーも、ダッチオーブンを使って料理の幅を広げてみませんか? きっと、いつものキャンプが何倍も楽しくなるはずです。

こちらの記事もどうぞ!

This article is a sponsored article by
''.