水なしの手軽な調理で、美味しく栄養たっぷりな料理を楽しむことができる無水調理鍋。ミネラルウォーターを持参する人にとっては、とってもありがたいアイテム。特に荷物の量を抑えたい子供連れのキャンプなどで非常に活躍します。今回はおすすめの無水調理鍋と、それを利用して作る絶品カレーのレシピをご紹介します。

キャンプでも本格料理が楽しめる水がいらない鍋ってどんなもの?

無水調理鍋は、その名の通り、水を使わず素材が持つ水分や油分で調理ができます。無水調理ができる鍋は機能性が高いものが多く、「炊く、蒸す、煮る、茹でる、焼く、炒める、揚げる」などの調理法に対応できます。

キャンプやアウトドアのシーンでは水が貴重なため、無水調理ができる鍋はとても重宝します。さらに、素材に含まれる栄養素の流出を防ぎ、余分な油や調味料を使わないため、とってもヘルシーで素材の旨みをたっぷり感じられる仕上がりになります。

野外にいながら本格的な料理を堪能でき、アウトドアがより楽しくなること間違いなしです。

アウトドアで使う際に注意しなければいけないのは火加減。熱伝導性に優れているため、急激な温度変化でひび割れなどが生じる場合があります。特にホーローの鍋はガラス質であるため、ひび割れたり剥げたりしてしまいます。

無水調理鍋を加熱する際の火加減は、弱火から中火で十分です。外での調理は火加減が過剰になりやすいので注意しましょう。

画像1: images-na.ssl-images-amazon.com
images-na.ssl-images-amazon.com

1. ハルムスイ KING 無水鍋® 24cm
【おすすめポイント】蓋も鍋として使える! お手入れも簡単

(株)HALムスイが商標登録している「無水鍋®」。1953年に広島で生まれたアルミニウム鋳物鍋で、当時の復刻版モデルがKINGシリーズです。

一つの鍋で、炊く、蒸す、煮る、焼くなど8通りの使い方ができます。厚手の鋳物鍋でありながら、高純度のアルミニウム合金を使い熱伝導率を高めているため、鍋全体にいっきに火が通り、素材の水分だけで旨みを引き出してくれます。

また、軽くて丈夫なアルミ素材なので、キャンプにはもってこいの道具です。

この鍋のもうひとつの魅力は、鍋本体だけでなく蓋も浅鍋として使えるということ。鍋を一つ持っていくだけで二つの鍋として使えるため、その分の荷物を減らすことができます。

二つ同時に調理すれば時間の節約にもなりますね。Amazonでの販売価格は税込みで、15,000円前後です。

2. staub (ストウブ) ココット ラウンド ブラック 22cm
【おすすめポイント】ダッチオーブンより手軽。特殊な蓋で保水力アップ

「ストウブ」はフランス製の鋳物ホーロー鍋です。保温性、熱伝導性、耐久性に優れていて、キャンプに人気のダッチオーブンと同様に使うことができます。

鍋の蓋裏には特殊な突起の加工(〝ピコ〟と呼ばれている)がされており、鍋の中で温められた肉や魚、野菜などの旨みを含んだ蒸気がピコをつたい食材に降り注ぐため、美味しい料理ができるのです。

他の鍋と比べると鍋も蓋も重たいのですが、それこそが料理を美味しくするために重要な働きをしてくれます。鍋に厚みがあることにより、熱が鍋全体に通り、保温性が高くなるため火を消しても予熱調理ができます。また重みのある蓋のおかげで蒸気を外に逃さず、素材の旨味や栄養分を閉じ込めてくれるのです。

使用後は洗剤で洗えばOK。お手入れも簡単でうれしいですね。Amazonでの販売価格は税込みで15,000円前後です。

3. バーミキュラ オーブンポットラウンド 22cm
【おすすめポイント】重さを感じにくい造り。購入から修理までのサポートも充実

日本人の職人が手掛けているバーミキュラの鍋。ホーローを3層構造にしているため、遠赤外線効果による食材の加熱、蓄熱性、高い耐久性などを実現しています。

特殊なリブ状(底が波形になった凹凸加工)の鍋底が食材を点で支えるため、加熱時に鍋底に貼り付かなくなり、具材の焦げ付きを防ぎます。

蓋と本体に取りつけられた2つの持ち手(ダブルハンドル)は、持ちやすい構造になっているので移動させやすく、キャンプでの調理におすすめです。

またバーミキュラでは、購入前の相談から修理まで、コンシェルジュがサポートしてくれます。キャンプなどのアウトドアシーンで万が一破損してしまった場合でも、安心して相談できるのは魅力です。Amazonでの販売価格は税込みで30,000円前後です。

画像2: images-na.ssl-images-amazon.com
images-na.ssl-images-amazon.com

素材の旨みとコクを最大限に! 無水調理鍋で、絶品カレーレシピ!

無水鍋で作る絶品カレーのレシピをご紹介します。

材料(4人分)

  • 鶏モモ肉:2枚
  • タマネギ:大1個
  • ナス:中2本
  • 人参:1本
  • ピーマン:中2個
  • トマト水煮缶:1缶
  • カレールー:3かけ
  • オリーブオイル(又はサラダ油):小さじ2
  • 塩コショウ:少々

作り方

  1. 鶏肉、野菜を食べやすい大きさに切ります。
  2. 無水鍋を熱してオリーブオイル(又はサラダ油)を入れ、具材に油が回るように軽く炒めます。
  3. トマトの水煮缶を入れ軽く混ぜます。
  4. 具材に火が通ったら弱火にしてカレールーを入れ塩コショウで味を調えます。
  5. ご飯に盛り付けて完成!

素材本来のうまみとコクが引き立つ絶品カレー。野菜の甘味が強いので、いつもより辛いカレールーを使うことがポイントです。

画像: 作り方

無水調理鍋があればキャンプがもっと楽しくなる!

画像: 無水調理鍋があればキャンプがもっと楽しくなる!

無水調理鍋がひとつあれば、キャンプでの料理の幅がグッと広がりますね。素材の旨味を最大限に引き出してくれるので、必要以上に調味料を入れなくても、食材そのものの味を堪能できるおいしいカレーをつくることができます。

お鍋ひとつあれば簡単に調理できるので、家族連れでのアウトドアの際にぜひ試してみてください。

This article is a sponsored article by
''.