はじめまして。「おれがキャンプ道具を買いまくってレビューするブログ
」管理人のキャンプするマン(父)です。この度ハピキャンで記事を書かせていただけることになりました。初のテーマは「釣りキャンプ」についてです!私が釣りを通して出会った渓流の素晴らしい景色や日本に古くから伝わる伝統的な釣り方「テンカラ」、さらに釣りキャンプのメリットや注意すべき点についてご紹介したいと思います。

釣りにハマったきっかけは、雑誌で知った日本古来の伝統的釣り方「テンカラ」!

私が釣りを始めたのは、キャンプにもっと楽しめる遊びをプラスできないかと思ったのが、きっかけでした。自然の中でできること、自然をもっと堪能できることはないかと考えた時に思い当たったのが釣りだったのです。興味はあるものの仕掛けとか難しそうだし、そもそも待つのが苦手で落ち着かない性分もあってなかなか始められずにいました。

そんな時たまたま読んだ雑誌の記事で知ったのが「テンカラ」でした。

テンカラというのは、渓流でヤマメやイワナを相手に毛針(疑似餌)を流す釣り方のこと。竿とライン、ハリスと毛針があればそれでいいというのがテンカラのいいところです。渓流釣りが楽しめるのは一般的に春から秋です。ただ、真夏や晩秋は水温が高くなるので向いていないと言われています。

画像: 123rf.com

123rf.com

持ち物が少ないことに加えて疑似餌の毛針を使うので餌を都度買わなくてもいいというのがまた気軽。それにじっと待つことなくどんどん上流に進んでいく釣り方なので落ち着かない自分でも釣りを楽しめそうだということで始めてみることに。うちの奥さんに誕生日にプレゼントしてもらったテンカラセットを持って近場の渓流へ。

気軽に始めてみたものの、魚のいる場所の見極めやそのポイントへ的確に毛針を流す技術、魚を騙す技、アタリに的確に合わせることなど高度な技術が必要な釣りだったのでした。でも難しい分のめり込んでしまうんですよね。次行けば釣れるのでは・・・と何度も渓流に通った夏。ちょっとずつ上達して分かってくる感じがまたたまらなく楽しかったです。

渓流釣りで初めて出会った感動の景色は、美しさとダイナミックさが共存!

画像1: 筆者撮影

筆者撮影

釣りを始めて、渓流には本当に素晴らしい景色があるということを知ることができました。こんな川の綺麗な色や・・・

画像2: 筆者撮影

筆者撮影

こんな荒々しい自然!

これらは釣りをしなかったら出会っていない風景です。いい風景の中で川の音に包まれながら魚と対峙する時間はとても静か。その一方アタリがきた瞬間の興奮!こうやって語っていてどの程度伝わるか自信がないのですが「こんな楽しいことがあるのか」とすぐに夢中になりました。

川沿いにタープを張って基地作り! そして釣りキャンプ~DDタープが私の定番

川のそばでDD タープをシェルター型に張ってそこを基地にしてみました。DD タープの中で川のせせらぎを聞きながらおにぎりを食べてまたすぐ釣りに没頭する、疲れたらシェルターに戻って休憩。ここで味わった楽しさが自分の釣りキャンプの原点です。

画像3: 筆者撮影

筆者撮影

ちなみにこのDD タープというのはループが19 箇所もついているスクエア型のタープのことです。ループからロープを引いたりポールを使ったりすることでいろいろな張り方が楽しめます。

私が使っているのはXL というサイズ(4.5m×3m)のものですが、4m×4m や3m×3m の正方形型のものも人気があります。この写真のようなシェルターにしたり通常のタープのように風を通したり。テントを持っていかずDDタープの下にハンモックを張ってそこで寝るという人もいます。

This article is a sponsored article by
''.