男女問わずここ数年、街で薄いバッグをたすき掛けにした人をよく見かけます。「サコッシュ」というこのバッグ、おしゃれな見た目からファッションアイテムとして注目されますが、実は機能面でも大変優秀。薄くて軽く、必要最低限の荷物も入るとあって、キャンパーの間でも人気です。特に春から夏にかけてのアウトドアで大活躍。たくさんのメーカーから発売されていますが、今回はアウトドアブランドの中からおすすめサコッシュをご紹介します。

サコッシュってなに?

サコッシュとはフランス語で「袋」や「かばん」のこと。自転車のロードレースでドリンクや補給食などを入れて選手に渡すときに使われています。もともと競技で使われているので、その機能性は言わずもがな。必要最低限の収納性がありながら選手の負担にならないよう軽く、スムーズに出し入れできるような工夫もされています。

デイリーバッグとして定着した今では、”ちょっとそこまで”のお出かけ用などに愛用する人をよく見かけるようになりました。

画像: www.amazon.co.jp
www.amazon.co.jp

アウトドアブランドのサコッシュの特徴

鮮やかなカラーを組み合わせた独特の配色

サコッシュを含め、アウトドアブランドのアイテムの特徴と言えば、鮮やかなカラーを組み合わせた独特の配色。野外で遠くからも見えやすいように、という意図のカラーリングですが、最近ではそのファッション性の高さが注目を集めています。

耐久性や軽量性などの機能の高さ

アウトドアの過酷なシーンでも使える、耐久性や防水性の高さも特徴としてあげられます。また、登山において装備の軽量化を徹底する「ウルトラライト」というスタイルが人気になっていることもあり、軽量性に力を入れた商品が多く見られる点に注目です。

場所を選ばないおしゃれなデザイン

アウトドアブランドのサコッシュは機能性だけでなく、ファッション性の高いおしゃれなデザインも魅力です。シンプルなのにどこか目を引くサコッシュは、街で使っても違和感がありません。むしろアウトドアでの使用予定がなくても、街用に買ってしまいたくなるくらい。

街用とアウトドア用のバッグを一緒のものにする、なんてことも、アウトドアブランドのサコッシュなら実現可能なのです。シーンごとに別のものをそろえる必要がないと、収納スペースや金銭面で節約になるのも嬉しいですね。

画像: item.rakuten.co.jp
item.rakuten.co.jp

斜めに付けられたファスナーがアクセント

1. GREGORY(グレゴリー) サコッシュLT

アメリカ・カリフォルニアで始まったアウトドアブランド。もともとは本格的な登山用バックパックを中心に展開していましたが、現在ではタウンユース向けバッグのラインナップも豊富です。

GREGORYといえばバックパックというイメージが強いですが、その他にもさまざまなバッグを販売しています。「サコッシュLT」は、斜めに付けられたファスナーが印象的なサコッシュ。まっすぐなラインのデザインが多いサコッシュの中で、変化のある見た目が特徴です

ナイロン製の細めのショルダーストラップは取り外し可能で、ポーチとしても使用することができます。小ぶりなサイズですが、財布やスマホ、鍵などはしっかり入る収納力。タウンユース向けの「ライトウェイト」シリーズの商品であり、ちょっとした外出に最適です。

シックなカラーリングと無骨なデザインがメンズにおすすめ

2. KELTY(ケルティ) ヴィンテージフラットポーチSM

日本ではあまり知名度の高くないブランドですが、KELTYはバッグパックの原型を作った老舗のアウトドアブランド。「ブタ鼻(ベルトガイドとして縦長の穴が2つ並んであいている)」のバックパックの元祖としても知られています。三角形のブランドロゴのタグや、カラー展開のバリエーションの多さが特徴です。

KELTYの「ヴィンテージフラットポーチSM」は、アウトドアブランドらしさを感じる無骨なデザインのサコッシュ。シックなカラー展開になっており、普段のファッションに馴染みやすいのがポイント。

ファスナー付きのメインポケットと前面ポケットの他に、内ポケットも付いていて収納力抜群です。生地はサコッシュにしてはしっかりめで、耐久性もあるコーディラナイロンを使用しています。

高強度素材を使ったハンドメイドが自慢

3. FREDRIK PACKERS(フレドリックパッカーズ) 420Dユーティリティサック

FREDRIK PACKERSは、自転車向けのバッグを中心に展開している日本のブランド。2007年に始まった比較的新しいブランドですが、自転車専用のバッグという点で注目を集め、一気に人気ブランドになりました。商品はひとつひとつ丁寧に手作りされています。

「420Dユーティリティサック」は、デザイン性と実用性に優れたサコッシュ。パッククロスナイロンという高強度で軽量の生地を使用しており、普段使いからアウトドアまでさまざまなシーンで活躍します。

S・M・Lの3つのサイズ展開になっており、欲しいサイズのものを選べるのもポイントです。

徹底された軽量性と使いやすさ

4. GRANITE GEAR(グラナイトギア) ハイカーサチェル

超軽量のバックバック「ヴァーガ」を発表したことで、業界に衝撃を与えたグラナイトギア。軽量のバックパックといえばグラナイトギア、と言われるほどに日本でも知名度が上がってきました。他のブランドにはない奇抜なデザインの商品は、登山者以外の注目も集めています。

グラナイトギアの「ハイカーサチェル」は、丈夫で軽量なシルナイロン製のサコッシュ。ファスナー付きのメインポケットには小物を区分けする仕切り付き、前面ポケットは開け閉めが簡単なマジックテープ式と利便性が高く、サコッシュの中でも人気の高い商品です。

テントのシート生地を使用した耐久性

5. ARAITENT(アライテント) マップサコッシュ

アライテントはその名の通り、テントを中心に展開している日本のメーカー。ライペンというオリジナルブランドを展開しており、登山者からの評価が高いことで知られています。無駄のないデザインと、ユーザーのことを第一に考えた使いやすさが人気の理由です。

アライテントの「マップサコッシュ」は、登山で頻繁に利用する地図やメモ帳を収納するためのサコッシュ。留め具がないシンプルなサコッシュですが、開け口を折りたたむ形状により持ち物の落下を防いでいます。テントのシート生地を使用しているので、丈夫で軽量な点がポイントです。

アウトドアブランドのサコッシュはデザインも実用性も抜群!

画像: www.amazon.co
www.amazon.co

デザイン性の高さはもちろん、過酷な環境でも使えるタフさがアウトドアブランドのサコッシュの魅力です。アウトドアも普段使いも、サコッシュでスマートに決めたいですね。

This article is a sponsored article by
''.