すっかりファッションアイテムとして定着したサコッシュですが、実用性抜群でアウトドアでも活躍します。スマホ・財布などの貴重品、また、地図や行動食など頻繁に使うものを入れておくのにピッタリ! サイクリングや登山など、それぞれの用途に最適なサコッシュを紹介します。

アウトドアのサブバッグにも! サコッシュの3つの魅力

欲しいものがすぐに取り出せる

サコッシュの魅力は、なんといっても欲しいものがすぐに取り出せるところ。必要最低限のものしか入れられない小さなバッグだからこそ、目的のものをさっと手にすることができます。

また、サコッシュを前掛けするスタイルはファッション的におしゃれなだけではなく、利便性も抜群。そのため、財布やスマホなど、頻繁に使うものを入れるのに最適です。ちょっとした外出ではバッグを使わないという方にこそ、サコッシュがおすすめですよ。

丈夫で軽く、どんなシーンでも活躍

ロードレースで選手に補給食を渡すためのバッグをルーツとするサコッシュ。本来はコットンや不織布を使った簡素なつくりのバッグですが、耐久性や実用性をアップさせた商品が各ブランドから販売されています。

サイクリング向けの通気性の高いものや、急な雨でも安心の防水性の高いものなどさまざまなタイプがあるので、目的にあったものを探してみましょう。

サブバッグとしてもおすすめ

旅行や登山など、たくさんの荷物を持ち歩かなければならないときのサブバッグとしてもサコッシュがおすすめです。サブバッグとしては他にウエストポーチやショルダーバッグなどがありますが、持ち物の取り出しやすさで言えば、サコッシュが一番。

ぴったりと体にフィットするように前掛けすれば、持ち物を入れたときのバッグの揺れもほとんど感じません。サブバッグを探しているという方は、サコッシュを候補に入れてみてはいかがでしょうか。

画像: 引用元:編集部撮影

引用元:編集部撮影

【おすすめポイント】サイクリングが快適になる高機能なサコッシュ

1. ワイルドシングス サコッシュ

ロードレースで使われる本来のサコッシュは、あくまでも供給物資を選手に渡すための袋であるため、通常のサイクリングに適している訳ではありません。

実用性を求め、デメリットを解消し、サイクリングでも快適に使える工夫が凝らされているのが、ワイルドシングスのサコッシュです。

細く、邪魔にならないショルダーストラップは長さ調節が可能で、フィット感抜群。バッグ本体は三層構造の特殊な生地で仕立てられており、耐久性の高さと防水性を実現しています。メインポケットのファスナーは水が入りにくい止水仕様になっているのもポイントです

サイズ:タテ21cm×ヨコ26cm×マチ0cm

【おすすめポイント】「山と高原地図」がピッタリ入るサイズ感と軽量で機能性抜群!

2. Shoebill サコッシュ

Shoebill(シュービル)は、機能的なアウトドアグッズを手掛ける日本のブランド。Shoebillのサコッシュは山好きのスタッフが何度も山に通い、改良を重ねたというほど。

生地は防水性の軽量な強化ナイロンで、破れにくく丈夫。さらにポケットは3箇所あり収納にも優れています。50年以上のロングセラーを誇る昭文社の「山と高原地図(単行本サイズ)」がピッタリ入るように設計され、登山者やハイカーのことを考えられて作られていることも嬉しいポイント。

カラーバリエーションも豊富でファッションにも合わせやすく、サブバッグとしても最適です。

サイズ:タテ22cm× ヨコ26cm×マチ2cm

【おすすめポイント】フェスやレジャーに! 撥水性が高く急な雨でも安心

3. CHUMS ボックスエルダーサコッシュ

アウトドアでサコッシュを使う際に、気になるのが防水性。汚れや水に強い素材のものなら、過酷なアウトドアシーンでも活躍します。水辺や海での使用はもちろん、急な雨でも持ち物を保護できる防水性の高いサコッシュに注目してみましょう。

アウトドアブランド、CHUMS(チャムス)のボックスエルダーサコッシュは、二重にコーティングされた撥水性の高い素材が特徴。くるくると丸めて留める開け口は、防水性を高めるのと同時にデザイン性も優れています。

完全防水ではないため水中での使用はできませんが、多少の雨ならしっかりと持ち物の濡れを防いでくれます。

サイズ:タテ18cm×ヨコ 27cm×マチ0cm

アウトドアを快適に楽しむにはサコッシュが便利

画像: アウトドアを快適に楽しむにはサコッシュが便利

サコッシュはアウトドアでも大活躍します。特に、サイクリングや登山などでは、欲しいときにさっと目的のものを取り出せるので重宝しますよ。また、レジャーやフェスなどで、邪魔にならない小型のバッグを探している方にもおすすめです。一度使ったら手放せなくなりますよ。

This article is a sponsored article by
''.