ダッチオーブンでお料理ってなんだか難しそう…手入れも大変そうで、なかなか購入できないという方もいるのではないでしょうか。でも、ダッチオーブンはキャンプに欠かせない調理アイテム。実はお手入れは簡単で、材料さえ入れればなんでもおいしく出来上がっちゃうんです。そこで今回はダッチオーブンの特徴、お手入れ方法、おすすめの商品をはじめ、アウトドアだけではなく家庭でもおいしく作れるレシピをご紹介します。

ダッチオーブン人気の秘密は熱効率が良いため、食材に火が早く通り旨味を逃さない!

ダッチオーブンはアメリカで開発されたアウトドア向けの調理器具です。鉄製の鍋であり、分厚く重く、ふたがついています。非常に熱効率が良く、食材の中心に火が通るのが早いため、旨味を逃さない調理ができます。「肉や野菜の素材そのものの味が濃くておいしくなる」と人気です!

焼き料理、煮物、スープ、鍋物、スイーツとどんなお料理も得意で、各メーカーからレシピ本が発売されているほど。アウトドアで使うだけではもったいないと、家庭でも普段のお料理にダッチオーブンを使うことが流行してきています。

錆びつかせたりしないで長く使うためには、メンテナンスが必要です。使い終わったら洗剤を使わずに汚れを洗い流し、水分を拭き取ってから鍋を冷まし、オリーブ油などを鍋全体に塗って馴染ませます。こういったお手入れをしっかりしていれば一生使い続けることができ、愛着が湧いてくることも人気のポイントです。

画像: ダッチオーブン人気の秘密は熱効率が良いため、食材に火が早く通り旨味を逃さない!

ロッジ(LODGE) ダブルダッチオーブン

【おすすめポイント】 ひとつで二役♪ ふたのフライパン部分を独立させて使える

他のダッチオーブンとの大きな違いは、ふたのフライパン部分を独立させて使えること。鍋部分のお料理が完成したら、ふたをフライパンにしてもう一品作ることもできますね。

ロッジのダッジオーブンは、鋳物製のダッジオーブンの中でも厚さが5ミリと極厚。そのため蓄熱性が高く食材への熱伝導率がとても高いのです。その熱伝導率の高さで、おいしく濃厚な味のお料理ができますよ。例えば、「ぶり大根」は食材の中心までしっかり火が通り、ほっこりとした食感に仕上がります。また、「野菜のバーニャカウダ」は、野菜の旨みを逃さず素早く火が通り、蒸し野菜がおいしくできます。

120年前にアメリカのサウス・ピッツバーグで誕生したロッジは、「良い道具を選ぶことが、美味しい料理を作る第一歩」を信念とした、アメリカNo.1の鋳物メーカー。実際に使っている人からは、こんな口コミが寄せられています。

本当に、普通に料理するだけで、一味以上、ランクアップ!してしまう魔法のお鍋?です。
市販の冷凍チャーハンを、上蓋のスキレットでちゃちゃっと炒めるだけで、「お店の味だね」と言われる始末(笑)
お肉をじゅ〜っとするだけで、、最高です。。

このように一度は使ってみたい憧れのダッチオーブンなのです。

ロッジ(LODGE) ダブルダッチオーブン 10  1/4インチ

製品サイズ:内径 25.7cm、深さ11.1cm、重量5.69㎏

画像: www.amazon.co.jp
www.amazon.co.jp

ニトリ ダッチオーブン(19cm)

【おすすめポイント】お値段以上の高機能! 本格的なアウトドア用ダッチと同じように使える「ニトダッチ」

おしゃれで可愛らしく、そのままテーブルに出せるとあって、SNSを中心に話題が広がったニトリのスキレット「ニトスキ」。それに続いて人気なのが、2017年5月に発売されたダッチオーブン、通称「ニトダッチ」です。

ダッチオーブンと言えば少し値段が高く、なかなか簡単には手を出せないのですが、これは小さいサイズの19センチ(直径)なら1,380円(税別)、もう少し大きい23センチ(直径)なら2,306円(税別)とかなりリーズナブルなのです。

きちんとお手入れをしていれば長く使うことができ、もちろんアウトドアシーンでもしっかり働く優れもの! フタがあり炭を乗せて熱を通すことも可能です。ご飯を炊いたり、スープを作ったり、そのままテーブルへ置いてもオシャレ!

まずはお試しに使ってみたい、アウトドアの趣味が長く続くかわからない、家庭で使うダッチオーブンが欲しい人などは、気軽に購入してみてはいかがでしょうか。

ニトリ ダッチオーブン

製品サイズ:: 幅24.5×奥行20.5×高さ10.7cm 重量約3㎏

This article is a sponsored article by
''.