キャンプやアウトドアの時にするバーベキューでは、肉料理が主役と言っても過言ではありません。今回はそんなバーベキューでの肉料理レシピを特集しました。肉の量の目安や火の扱いなどの注意点、おすすめのバーベキュー用グッズも併せてお送りしていきます。

バーベキューで肉料理をする時の大事なポイント3つを確認しよう 肉の量・食中毒・火の扱い

1.バーベキューで使う一人当たりのお肉の量男性300g、女性200gが目安!

バーベキューでありがちなのが、材料の過不足。特に肉はついつい多く買ってしまい、余ってしまうことも。一般的にバーベキューで使用する一人あたりの肉の量は、「男性300g、女性200g」が目安です。野菜の量にもよりますが、この量を基準に考えると良いでしょう。

2.肉の中心部までしっかり火を通そう!トングや箸も生肉用と食べる用で分けると安全

野外で調理を行うバーベキューは、生肉を冷蔵せず外に出しておくことが多く常温になりやすいため、食中毒の危険性が高まります。肉を焼くときには、中心部までしっかりと火が通っていることを必ず確認しましょう。また、トングや箸は生肉用とそれ以外で分けておくのも、食中毒予防のひとつになります。

3.着火材は引火しやすい!火元の近くに置かない、途中で足さないようにしよう

火の扱いはひとつ間違えると火事や事故の元になってしまうため、細心の注意を払いましょう。特に気をつけたいのが、着火剤の取り扱い。着火剤は引火しやすいため、使用前のものを火の周りに置いたり、調理中に継ぎ足したりすると大変危険ですので、絶対にしないようにしましょう!

基本的なことですが、火を使った後は必ず最後に消えているかどうかを確認しましょう。特に炭は、一見火が消えているように見えても実際はまだ燃えていることがあるので、水をかけるなどしてきちんと消火するのも重要です。

定番のステーキやスペアリブ!仕込み簡単&美味い! おすすめのアレンジ肉料理レシピ3選

さて、準備ポイントと注意点を確認したら、あとは楽しくクッキング! ただ単にタレなどにつけて食べるだけのバーベキューに飽きた方は、次に紹介するレシピをチェックしてみましょう。ひと工夫したレシピで作れば、さらに楽しく美味しくなります。

【レシピ1】タンドリーチキン 飽きにくいスパイシーな味わい&仕込みも簡単調味料につけるだけ

スパイシーな味わいが病みつきになってしまう一品です。カレー粉やヨーグルトなどの調味料に漬けて焼くだけなので、手軽にできるのもポイント。前日に仕込んでそのままバーベキューに持っていくことも可能です。

材料(3〜4人前)

  • 鶏もも肉:400〜500g
  • :少々
  • :少々
  • カレー粉:大さじ3
  • マヨネーズ:小さじ2
  • ケチャップ:大さじ1
  • ヨーグルト:大さじ3
  • ニンニクチューブ:5センチほど
  • ガラムマサラ:8ふりほど

作り方

  1. 鶏もも肉は食べやすい大きさにそぎ切りにし、酒と塩で下味をつける。
  2. 用意した調味料と肉をビニール袋にいれて揉みこむ。
  3. そのまま2時間~ひと晩漬け置く。
  4. 余分な漬けだれを切ってから網にのせ、こんがりと焼きあがったら完成!

作り方のコツ

あらかじめ鶏もも肉に下味をつけておくのがポイント。肉の臭みが消えて、鶏肉をさらに美味しく頂くとができます。また、肉が焦げやすいので余分な漬けだれを落とすのも忘れずに。火加減を見ながらじっくりと焼いていきましょう。

画像1: 作り方のコツ
ハピキャン LINE 友だち登録

This article is a sponsored article by
''.